ハロウィンのグッズで演出しよう

ハロウィンのグッズで演出しよう

今年のハロウィンは、かわいらしいグッズを使って楽しく演出してみてはいかがでしょうか。
現在ではハロウィンもすっかり日本に定着した感があります。
ハロウィンは毎年10月31日です。
夏のイベントが終了し、しかしクリスマスまでにはまだ間があるこのシーズンに、ホームパーティーや仮装パレードなどに参加してお祭り気分を盛り上げてみませんか。
ハロウィンの起源は古代ケルト人の大晦日です。
当時は11月1日が暦の上で新年だと考えられており、大晦日にあたる10月31日にはあの世からおそろしい悪魔や魔性の者がこちらの世界にやってくると信じられていました。
そこであの世のものたちと同じような格好をし、家の中に入ってこないようにお菓子を渡して帰ってもらうという習慣が根付き、今日の仮装やトリック・オア・トリートという形で続けられています。
ハロウィンを象徴する黒とオレンジ色はそれぞれ夜の闇とカボチャの色をあらわしています。
グッズも、これらの色を使ったものがやはりハロウィンらしさを演出してくれます。
特にカボチャはハロウィンとは切っても切り離せないアイテムで、グッズもたくさん販売されています。
まず、ジャック・オ・ランタンというちょうちんが一般的です。
もともとは本物のカボチャをくりぬいて作るものでしたが、日本ではアメリカのように大きいカボチャが手に入りにくいことと、火事になるという危険性も手伝って、ジャック・オ・ランタンを模したちょうちんのグッズが売られるようになりました。
また、ちょうちんだけでなくトリック・オア・トリートでもらうお菓子を入れるためのバスケットもカボチャの形をしたものが人気です。
そして、お菓子といえば今とても人気があるのが「びっくりハンドボウル」という商品です。
これは一見ごく普通の黒いボウル型の入れ物でお菓子を入れるためのものです。
このボウルの真ん中に人工のモンスターの手が突き出ており、お菓子をとろうとすると光センサーで反応して「ハッピーハロウィン」の声とともに超高速で手を捕まえにくるというしかけになっています。

ホームパーティーのときにさりげなくテーブルの上に置いておくと、遊びに来た人が次々と引っかかることうけあいです。
 このほか最近人気があるのは、ワンちゃんに仮装をさせるグッズです。
小さなシルクハットやデビル風のワンちゃん用コートが売れています。
ホームパーティーに遊びに来た人をこんなかわいいグッズをまとったワンちゃんがお出迎えしてくれたら、お客様は大喜びでしょう。

関連ページ

ハロウィンのコスチュームは何を着る?
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。
ハロウィンの衣装の種類
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。