ハロウィンの衣装の種類

ハロウィンの衣装の種類

最近では日本でもすっかり定着してきた感があるハロウィン、今年は素敵な衣装でさらに楽しんでみてはいかがでしょうか。
ハロウィンは毎年10月31日で、古代ケルト人の文化で1年の終わりが10月31日だったことに由来しています。
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。
ハロウィンのテーマは不気味なものや怖ろしいもので、不死の怪物、黒魔術、伝承の怪物、妖精や精霊などです。
ハロウィンで仮装されるものは、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、などの民間で伝承されるものや、ドラキュラやフランケンシュタインのような文学作品に登場する怪物などがあります。
しかし最近のハロウィンの衣装は、よりかわいらしいものが多くなっています。
海賊、不思議の国のアリス、人魚姫アリエルなど、ディズニーのキャラクターの衣装もハロウィンの仮装として登場しています。
ハロウィンの時期になると、東急ハンズなどでは衣装が店頭に並びます。
子供用は2千円から4千円程度でなかなかいいものが手に入ります。
前出のディズニーキャラクターの衣装も、これくらいの価格です。
子供のハロウィンの仮装には、フルセットの衣装がかわいいのではないでしょうか。
女の子だったら、お姫様のドレスや、羽根付きの妖精の衣装が喜ばれるのではないでしょうか。
とんがり帽子とホウキがついている魔女の衣装もあります。
男の子なら、カッコいい海賊や、ヒーローの衣装が喜ばれるのではないでしょうか。
ディズニーものでは、アラジンやピーターパンが販売されています。
お手軽に仮装するならば、ドンキなどで売っている、ピカチュウのような動物の柄の、フード付き着ぐるみも使えます。

大人用の衣装は4千円から、凝ったものだと1万円するものもあります。
大人の女性用にはセクシーなものが多くラインナップされています。
ふだんは露出の多い服を敬遠してしまう人も、ハロウィンを言い訳にハジけた衣装を着てみるのもいいのではないでしょうか。
黒を基調にした魔女のドレスならば、ハズすことがありませんし、セクシーに見えていいのではないでしょうか。
セクシーなものは自信が無いという人は、シスターなどはいかがでしょうか。
露出がないですし、清楚な感じで男性ウケがよさそうです。
男性用は、ドラキュラのようなコスプレ的なものから、特撮の怪人のような本格的に怖いものまでさまざまです。
ハウリングゴーストの仮面や、ジェイソンの衣装は、本気で怖がらせるつもりで挑戦してみてはいかがでしょうか。
ハロウィンパーティなどでカッコよく見せたいのならば、ドラキュラ、海賊、ガンマンといった衣装がおすすめです。
自宅で作るならば、一番簡単でかわいいのは幽霊です。
上半身が隠れるくらいの白い布を頭からかぶります。
そして目と口の位置をカットすれば、幽霊の衣装のできあがりです。

関連ページ

ハロウィンのコスチュームは何を着る?
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。
ハロウィンのグッズで演出しよう
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。