ハロウィンのイベントに参加しよう

ハロウィンのイベントに参加しよう

ハロウィンはすっかり日本にも定着した感がありますが、ハロウィンのイベントもあちこちで定期的におこなわれるようになってきました。
専用のウェブサイトも誕生するほどです。
ハロウィンは日本のお盆にあたる「万聖節」の前夜祭のことで、この日には悪霊が訪れるといわれていました。
そこでその悪霊を退治するために子供たち自身がオバケや魔女などに仮装したというのがそもそもの起源です。
本場アメリカでも宗教色は薄れ、今ではクリスマスに次ぐ人気のフェスティバルのようです。
この日はクリスマスとちがって休日ではありませんが朝からお祭り気分で、夜ともなると子供たちは近所を「トリック・オア・トリート」といいながら練り歩き、ハイスクールではコスチュームコンテストやダンスパーティがおこなわれます。
かわいいグッズがたくさん売られていたり、仮装できる楽しさやお菓子を交換するというわくわく感も手伝って、現在ではすっかりクリスマスやバレンタインデーのような楽しみなイベントとなりました。
今、日本で国内最大級と呼ばれているハロウィンのイベントは「カワサキハロウィン」でしょう。
川崎の街はハロウィン一色に変身し、毎年3000人もの人が仮装パレードに参加します。
「カワハロ」の略称が誕生するほどの人気のイベントなのです。
中心となっているのは川崎のショッピングモール「ラ・チッタデッラ」で、この時のモール内のデコレーションの豪華さには目を見張るものがあります。
巨大なカボチャのオブジェが並び、植木の一本一本にまで飾り付けがなされ、レストランの店員まで仮装して雰囲気を盛り上げます。
また、アメリカで買い付けられた、大人三人でも抱えられないほどの本物の巨大カボチャが飾られ、重さ当てクイズが実施されます。
しかし一番人気があるのはやはり仮装パレードで、優秀な仮装参加者には「トリック・オア・トリート賞」「カワハロ・クイーン賞」などの賞が贈られます。
在日の外国人の方も多数参加しています。
近年ではこのパレードの当日に結婚式を挙げたカップルがパレードに直行し、集まった3000人の仮装参加者たちに祝福してもらうという演出もあったようです。

新郎新婦の誓いのキスがパレード開始の合図となったようなので、二人にとっては忘れられない思い出となったことでしょう。
フェイスペインティングや特殊メイクをほどこしてくれるサービスもあり、専門学校の特殊メイク科の学生たちも参加するようです。
ハロウィンにあたる今年の10月31日は土曜日です。
カワサキハロウィンに限らず、各地でおこなわれるハロウィンイベントに出かけてみる週末も楽しいと思いますよ。

関連ページ

ハロウィンに仮装パーティーをしよう
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。
ディズニーランドのハロウィンイベントって?
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。
ディズニーシーのハロウィンイベントって?
ハロウィンというイベントが最近日本でも定着してきています。学校で、地域で、テーマパークでと様々な場所で催されるようになってきたハロウィン。ここではその楽しみ方や豆知識を紹介しています。