ハロウィンの楽しみ方

ハロウィンはなぜかぼちゃ?ハロウィンの伝説って?

ハロウィンといえば顔の形をくりぬかれたオレンジのかぼちゃを連想する人が多いと思います。
ではなぜハロウィンにはかぼちゃがつきものなのでしょうか?
あのハロウィンのかぼちゃは中をくりぬいてキャンドルを入れ、ちょうちんとして使用しているのですが、「ジャック・オ・ランタン」と呼ばれています。
そもそもの起源は、ヨーロッパのアイルランドです。
アイルランドに住んでいたジャックという男はお酒が大好きでいつも酔っ払っていました。
また彼はケチで乱暴者で人をだますことが大好きだったのです。
ある夜、ジャックがいつものように酒場で飲んでいると、地獄からやってきた悪魔に遭遇しました。
その日はハロウィン、万聖節の前日でした。
日本でいえばお盆のような日なので、この日はあの世のものが遊びにやってくると言い伝えられています。
悪魔はジャックの魂を持ち去ろうとしましたが、ジャックは悪魔に持ちかけました。
「自分の魂をやるから、代わりに酒を一杯買ってもらえないだろうか」、この頼みをきいてやろうとした悪魔は、自分の姿をお酒を買うためのコインに変えました。
すると悪知恵のはたらくジャックは、そのコインを自分の財布に閉じ込めてしまいました。
あわてた悪魔は「頼むからここから出してくれ。
お前の魂はもうとらないと約束する」と泣き叫びました。
ジャックはそのことをしっかりと約束させ、悪魔を解放してやりました。
年月が過ぎ、ジャックは死にました。

しかし普段のおこないが良くなかったため、天国に行くことができません。
そこで仕方なく地獄の門を叩いて中に入ろうとすると、いつぞやの悪魔に出会いました。
「地獄へ入れてくれ」とジャックは頼みましたが、「お前の魂はとらないと約束した。
ここに入れることは出来ない」と悪魔が言います。
行き場所を失ったジャックは、地獄でも天国でもない暗い道をトボトボとさまよいました。
ジャックは悪魔にせめて明かりをくれるように頼みました。
そこで悪魔は地獄で燃えている火を野菜のカブの中に入れ、ちょうちんを作ってやりました。
ジャックは今でもそのちょうちんを持ってあの世とこの世をさまよっているといいます。
この言い伝えがアメリカに伝わり、ジャックが持っているカブはいつしかかぼちゃに変わりました。
アメリカではカブにあまり親しみがなく、代わりにハロウィンの時期になるとかぼちゃがたくさんとれるので、かぼちゃで作るちょうちんが一般的になったようです。
また、くりぬいたかぼちゃの中身を使ってパンプキンパイを作る習慣もあるようです。

関連リンク&お役立ちリンクです。

女性対応の弁護士と司法書士
借金の返済のこと、司法書士や弁護士へ無料相談してみてはいかがでしょう?女性対応の事務所も活用してみてください。

 

女性対応の借金返済相談窓口、弁護士と司法書士は?
借金の返済のこと、司法書士や弁護士へ無料相談してみてはいかがでしょう?女性対応の事務所も活用してみてください。

 

栃木県/佐野市_過払い金の計算_診断_相談

 

過払い金 無料相談
借金返済や過払い金についての無料相談はコチラ。司法書士・弁護士が、お金の悩みを解決へ導いてくれます。